懐かしい故郷で、家族や旧友と楽しむアウトドア

久しぶりに田舎に帰省する夏休み・・

家族や兄弟ともゆっくり話したいけれど、懐かしい故郷の友達にも会いたい・・そんな時は、アウトドアがおススメです。

スクリーンテントやバーベキューセットを車に積み込んで、会いたいみんなに連絡するだけで良いのですから・・
バーベキューができる場所は、キャンプ場など限られている場合もありますので、あらかじめ場所選びは慎重に。

ライトやランタンなども装備すれば、暗くなるまでゆっくり懐かしい人たちと語り合うことが出来ます。

そして、自分が生まれ育った環境がまた新たな想い出の場所へと変わるのです。

子供連れの旅なら、親が育った環境を体感させる良い機会ににもなるはずです。

夏なら、虫さがしや花火大会も存分に楽しむことができますね。
子供たちを連れて行くと、思い切り走り回って遊ばせてあげることもできます。

宿泊用のテントも持参すれば、そこで休むこともできます。

「実家は狭くて泊まれない」そんなことを言う必要もなくなるのです。

実家の近辺なら、テントで休めない親や親戚の人たちが歩いて帰ることも可能です。
こうすれば、夜まで仕事の旧友や兄弟たちにだって会うことが出来るのです。

冷え込む時期でなければ、装備も比較的軽く済むので気軽に出来て丁度いいのではないでしょうか。

みんなにとっても、きっと忘れられない想い出になり、毎年恒例にすればそれを待ち望むようになるでしょう。